早期発見することで、病気の進行を遅らせる

歯科治療

70代、80代を過ぎても、20本以上歯を残すためには、歯肉炎や歯槽膿漏などの歯周病を予防する必要があります。日頃から丁寧なブラッシングを心掛けていても、八重歯などがあると、歯石や歯垢などが溜まりやすくなります。歯周病は口腔内の細菌が、歯槽骨を少しずつ破壊する病気です。初期段階は自覚症状が少ないですが、歯肉の腫れや赤み、出血などが見られる場合は、早めに堺の歯科クリニックを受診して下さい。堺の歯科クリニックでは、歯周ポケットの深さを測定したり、歯の動揺度などを確認してくれます。比較的初期段階の場合は、歯石や歯垢などの除去を行い、歯磨きの指導を行っています。歯と歯の間、歯と歯茎の境い目などは、汚れが残りやすい部分です。歯間ブラシやデンタルフロス、糸ようじなどを使用することで、口腔内を清潔に保つことが出来ます。堺の歯科クリニックでは、専用の医療機器を使って、深い部分まできれいにクリーニングをしてくれます。歯周病が少し進行してくると、口臭が強くなったり、歯が伸びた印象があります。歯周病は放置をしておくと、歯がグラグラしてきたり、抜けてしまうことがあります。大切な歯を失う原因になってしまうので、定期的に検診や診察を受けることが大事です。歯周病で歯が抜けてしまうと、部分入れ歯やブリッジ、インプラントなどの義歯で補う必要があります。堺の歯科クリニックでは、痛みの少ない治療を心掛けています。

生活習慣を見直す指導を行います

診療室

歯周病は大切な歯を失う原因になるだけでなく、糖尿病や心臓病などの生活習慣病に罹りやすくなります。血糖値が高めの人は、正常値の人に比べると歯周病に罹りやすい傾向があります。病気が診断されたら、口腔内を清潔に保つ必要があります。甘いお菓子類やジュースなどは、なるべく控えるようにしましょう。喫煙をする習慣のある人は、体の血流が悪くなる原因になります。堺市の歯科クリニックでは、生活習慣を見直すための指導を行っています。

親知らずがあると病気に罹りやすい

口元

歯周病は長い年月を掛けて、少しずつ進行する病気です。堺市の歯科クリニックでは、専用の医療機器を使って、歯石や歯垢の除去を行い、口腔内を清潔にしてくれます。歯周病の進行を遅らせるためには、自宅でのお手入れも大変重要です。堺市の歯科クリニックでは、鏡を使った歯磨きの指導をしてくれます。親知らずがある人は、歯ブラシが届きにくいので、口腔内が不衛生になりがちです。他の歯に悪影響が出る場合は、抜歯を勧められることもあります。

広告募集中